course_title01

学科の特長

その人らしく生きがいをもって生活できるように、作業療法士は、身体や精神に障害のある人、またはそれが予測される人に対し、作業活動を通して日常生活に必要な能力の回復をサポートする仕事です。
子どもなら就学に向けて、主婦(夫)なら家事が出来るように、お勤めの人なら仕事復帰が出来るように、心とからだの両面から治療や指導を行っていきます。
そのため、身体障害だけではなく、うつ病や認知症の方なども対象になります。
本校では基礎分野、専門基礎分野、専門分野と段階を追って学習を深め、患者さま一人ひとりの障害の程度や、社会復帰に向けて幅広い知識と技術を修得。
作業療法士としての活躍の場は、医療施設、介護施設、在宅、福祉、教育など、多岐にわたります。

WFOT
(World Federation of Occupational Therapists)
世界作業療法士連盟認定校

WFOT認定校の卒業生は、有資格作業療法士であることを国際的に認知されたことになります。
4年間の豊富な実習と、座学を同時に学ぶことで、質の高い実践力を身につけ、多分野の就職先に適応する力を養います。
もちろん、海外で作業療法士として働く場合や、大学院教育、研修等の際には、WFOT認定校の卒業生であるかをチェックされることが多く、認定校として登録されていることは、それだけ大きなメリットがあると言えます。

学びのポイント

人との競争ではなく、互いに教え合い、学ぶことによって協調性を養い、一人ひとりが人間的に成長できる4年間となる。

1年次に医学および作業療法の基礎を学習することで、学ぶことの厳しさを体験し、2年次以降により専門的な学習をすることで、学べる喜びと探求心を養い、充実感を得ることができる。

4年間の知識と技術の習得が、信頼される社会人・職業人としての基礎を身につける場となる。

実習が豊富であり、座学と実学を同時に学ぶことにより、質の高い実践力を身につけることができる。

多分野の就職先があり、幅広い障害領域の作業療法を学ぶことで、適応力を身につけることができる。

授業の一例

〈基礎作業療法学〉

陶芸・革細工・籐細工・タイルモザイク・七宝焼き・マクラメなどの作業活動を実際に体験。
作品を仕上げる達成感を味わい、作業分析をおこなうことで、治療につなげていきます。

〈発達障害作業療法〉

sagyou-img02

身体や心理面に問題を抱えた子ども達を理解するための評価や治療の仕方について学習。
乳幼児から障害を抱えて大人になった人までと対象が幅広いため、障害の特徴に応じた専門的アプローチを学ぶことが重要になってきます。

〈内部障害作業療法〉

sagyou-img03

運動療法や薬物療法・食事療法・患者教育・日常生活の指導などを行うことで、心臓や呼吸、腎臓などの働きが悪くなり、活動的な生活が営めなくなった患者さまに、もとの日常生活が送れるよう支援していきます。

〈運動器障害作業療法〉

運動の能力や身体の機能を、作業療法活動を通じて早期に回復。
日常生活の質を向上させていきます。
骨や筋肉、靭帯などのけがや、とりわけ手の外科治療で重要な役割を果たします。

〈脳血管障害作業療法〉

脳の血管のつまりや破れることにより、手足の麻痺や言葉の障害などの後遺症がでます。
脳の血管、脳の循環の特徴について学び、この障害がどのように日常生活に影響を与えるかを座学やグループワークなどで学習していきます。

〈障がい者スポーツ〉

現在では、多くの障がい者スポーツがあります。
授業では5種目の障がい者スポーツ実技を行い、仕組みや制度、ケアなどを学習。受講後は申請をすることによって、「障がい者スポーツ指導員初級」の資格を取得できます。

〈地域作業療法学〉

支援を必要とする患者さまとの関わりを通じて、生活のしづらさについて学習、把握していきます。
また、患者さまの主体性を引きだすことを目的とし、レクリエーションを計画・実施していきます。

〈臨床実習前教育学〉

病院や施設内での診療を想定し、学内において実践的な技術取得を目指します。
学生相互の実習(ロールプレイ)や模擬患者などを用いて、医療職としてのふさわしい態度と作業療法の基本的な知識・技術を身につけます。

〈日常生活活動学〉

sagyou-img09

人間の基本的な日常生活を理解することで、障害に伴うさまざまな問題を分析、それぞれの問題解決方法を考えていきます。
それらにアプローチすることによって、適切な誘導方法・指導方法・代償手段を学びます。

〈精神障害作業療法Ⅰ・Ⅱ〉

sagyou-img10

精神疾患を抱えた患者さまを理解するための評価と手段について学習します。
精神疾患の病気の成り立ちや、行動の特徴を踏まえて、どんな治療が必要か、地域で生活するためにはどんな支援が必要かを学んでいきます。

カリキュラム
  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎分野 科学的思考の基礎
人間と生活
社会福祉学      
統計学      
物理学      
心理学      
生物学      
医学英語      
情報処理      
コミュニケーション論      
  1年次 2年次 3年次 4年次
専門基礎分野 人体の構造と機能
及び心身の発達
脳神経系の構造と機能      
運動器系の構造と機能Ⅰ      
運動器系の構造と機能Ⅱ      
解剖生理学      
運動生理学      
基礎運動学      
人間発達学      
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
一般臨床医学      
病理学      
整形外科学      
内科学      
神経内科学      
小児科学      
臨床心理学      
精神医学      
障害者スポ−ツ      
保健医療福祉と
リバビリテーションの理念
医学概論      
リハビリテーション概論      
リハビリテーション医学      
  1年次 2年次 3年次 4年次
専門分野 基礎作業療法学 作業療法概論      
基礎作業療法学Ⅰ      
基礎作業療法学Ⅱ      
作業療法評価学 作業療法評価学Ⅰ      
作業療法評価学Ⅱ      
作業療法評価学Ⅲ      
動作分析学      
作業療法治療学 脳血管障害作業療法Ⅰ      
脳血管障害作業療法Ⅱ      
運動器障害作業療法Ⅰ      
運動器障害作業療法Ⅱ      
発達障害作業療法Ⅰ      
発達障害作業療法Ⅱ      
神経筋障害作業療法      
内部障害作業療法      
精神障害作業療法Ⅰ      
精神障害作業療法Ⅱ      
高齢期障害作業療法      
義肢・装具学Ⅰ      
義肢・装具学Ⅱ      
日常生活活動学      
集団作業療法      
職業リハビリテーション学      
臨床実習前教育学Ⅰ      
臨床実習前教育学Ⅱ      
地域作業療法学 地域作業療法学Ⅰ      
地域作業療法学Ⅱ      
臨床実習 臨床体験実習Ⅰ      
臨床体験実習Ⅱ      
臨床評価実習      
総合臨床実習Ⅰ      
総合臨床実習Ⅱ      
作業療法研究法 作業療法研究法      
作業療法総合演習