資料請求オープンキャンパス・イベントお問い合せアクセス

新着情報

興譲館高等学校の生徒さんに、学校見学にお越し頂きました。

お知らせ

興譲館高等学校の野球部・陸上部の1年生の方に、授業の一環として、学校見学にお越しいただきました。

本校の作業療法学科・理学療法学科・救急救命学科・看護学科の教室に移動し、それぞれの学科説明や、入学後に勉強する内容や、卒業後どういったところで働くのかなどの説明を聞いていただきました。

最近ではテレビドラマなどでもその職業を知られることが多くなってきた救急救命士ですが、そもそも救急救命士の仕事とはどのようなものなのか?救急救命士になるためにはどうすればよいのか?大学や専門学校ではどのようなことを学ぶのか?仕事のやり甲斐や厳しさは?…などなど、まずは救急救命士に関する基本的な内容を救急救命士歴??年の岸学科長による熱い説明をお聞きいただき、授業ではもちろん、実際に救命処置で使用する先進の資器材をご覧いただきました。

「看護師」は皆さんご存知でしょうが、看護師を目指すために進学してからどのような勉強をするのか?カリキュラムは?など詳しくはなかなかご存知ない方も多いかと思います。看護学科でもまずはそのような基本的な説明をお聞きいただいた後、実技授業でも大変多く使用する、様々な症状の心音を聞くことができる特殊な人体模型(フィジカルアセスメントシミュレータと言います)を使って、生徒の皆さんにも実際に聴診器で心音の聞き分けを体験していただきました。

 

理学療法は知っているけど作業療法はよく知らない…という方も多くおられますので、まずは作業療法士の仕事や役割などを説明させていただきました。仕事の幅が広い作業療法士は使用する実技教室も少々多いのですが、この日は「日常動作解析室」という、簡単に言うと私たちの家庭の生活空間を再現した実習室にて、障がいがある方の日常生活をサポートする方法や器具の紹介や、デモンストレーションとして、何らかの障がいにより一人での移動が難しい方を室内で移動する際に使用する器具を用いて生徒さんにも実際に利用体験していただきました。

 

野球部と陸上部の方ですと、ケガなどでリハビリを受けた経験のある方もおられたかもしれませんが、理学療法や人体の動きに関する基本的な説明やスポーツ分野に関わることも多い理学療法士の仕事内容を、少し皆さんにも身体を動かしていただきながらお聞きいただきました。また、在校生の授業もご覧いただきましたが、3年生の脳神経の授業でしたので難解な内容だったかも。。

お越しいただいた興譲館高等学校の生徒・教員の皆様ありがとうございました。

学校生活や部活動で忙しくなるかと思いますが、またお会いできることを楽しみにしております。

 

本校では、平日の学校見学や個別相談を随時受け付けておりますので、是非お気軽にお問合せ下さい。

福山医療専門学校とは

↑TOP