学校法人 福山医療学園 厚生労働大臣指定「福山医療専門学校」看護学科

福山市で看護師を育成!
資料請求 オープンキャンパス 募集要項

福山医療専門学校は、建学の精神「心・技・知」に基づき、地域に住む人の暮らしをより良く守るための医療人の育成を目指しています。医療・介護・福祉を通じ、地域社会の発展に貢献できる医療人を目指すあなたを全力で応援いたします。

学科の特長

看護師とは患者さんに寄り添い、心と身体の看護ケアを行う専門職です。「生」と「死」という人の一生の中でも最も重要な局面に立ち会う仕事になります。 あらゆる世代を対象として “生命の尊重“ と ”人間の尊厳“ をもとに、看護に必要な能力と態度を養います。高度先進医療においては、より安全でより質の高い看護の役割・機能が求められています。

その中で、科学的根拠に基づいた正確な判断力と高い専門知識、技術の修得を目指すと同時に、人間を深く理解し、看護を必要とする幅広い方々に対応できる豊かな人間性、主体性を育成することを目指します。 医療チームの一員として、保健・医療・福祉分野の発展と地域社会に貢献できる看護師を育成します。

学びのポイント

3年間の看護教育課程

地域で貢献できる看護師養成のため、地域医療・地域看護学の基礎を学び、在宅看護や訪問看護のスキルを修得できるカリキュラム構成としています。また、看護師に必要な自己・他者理解を深め、自主性と良好な人間関係構築を目指す協同学習法(LTD 学習法)を取り入れており、3年間の学校生活で、同じ志をもつ仲間とともに高め合える仕組みをつくります。

担任・チュートリアル教育の併用体制

学年担任とチューター教員が、学習進度に合わせて状況を確認しながら指導を行い、教育効果の上がる体制を整えています。一学年40名の学生に対して担任がl 名、5名の学生に対してチューター教員を1 名配属し、学生一人ひとりの学校生活をサポートします。

充実の教育設備

実習室と最新の医療機器を完備。
パソコン室や実習室を充実させ、快適に学習できる環境を整えています。

 

学びのステップ

3年間の実習と国家試験までの流れ

1年次

基礎看護学実習 I

 

 

2年次

基礎看護学実習 II

 

老年看護学実習 I

 

 

3年次

成人看護学実習 I

成人看護学実習 III

小児看護学実習

精神看護学実習

看護の統合と実践実習

 

成人看護学実習 II

老年看護学実習 II

母性看護学実習

在宅看護論実習

 

授業の一例

〈LTD学習法〉

LTD(Learning Through Discussion)による学習方法の基本的な理論と技法について学び、主体的に仲間とミーティングを重視する「話し合い学習法」を身につけていきます。

〈人間関係論〉

良好な人間関係をつくるための知識と技術を学び、患者・家族や他職種との関係づくりを講義や模擬体験を通して理解していきます。

〈フィジカルアセスメント〉

患者さんの訴えを聴き、頭から足先まで全身を観察して情報収集を行います。そのために、問診・視診・触診・打診・聴診などの看護師として必要な知識や技術を身につけていきます。

〈訪問看護技術〉

訪問看護の特性を学び、専門的知識・技術をもって療養生活の支援と、在宅生活を支える訪問看護技術を学んでいきます。

〈看護学実習〉

学内での講義と演習で得た学びを臨地において実践する科目です。実習は、「基礎看護学実習」から始まり、続いて各「領域実習」、最後には「看護の統合と実践実習」で夜勤なども体験していきます。看護学生が一番成長する科目になります。

施設紹介

第1看護実習室(基礎/成人)
看護の対象に必要な援助を行うための基本技術を学ぶ実習室です。12台のベッドを配置し、講義に必要な天井吊モニターや人体解剖、骨格、各種器官などの標本・模型を備えています。各看護学の専門領域において、生活を整える基本技術や診療の補助技術を身につけます。

第2看護実習室(母性/小児)
未熟児・新生児シミュレーターを多く備え、沐浴や保育器収容児の援助や妊婦の産前産後の援助のほか、乳幼児の看護などに必要な技術を学ぶ実習室です。

在宅看護実習室
主に在宅療養への支援、精神的なケア、家庭訪問での技術などを具体的に展開するために、演習を通して学生自らが積極的に学ぶセルフケアを行って学習します。

フィジカルアセスメントモデル
様々な病態が再現できるモデルです。心音や呼吸音の聴診、血圧測定などを通して患者の状態を的確に把握する能力を身に付けます。

パソコン室
最新のパソコンを44台設置。記録作成やデータ整理など、医療福祉の世界にもパソコンは必需品です。

多目的ホール
パソコンや大型テレビ、自動販売機が設置してあります。
学生達が集う『憩いの場』です。

募集要項

学科・募集人員・修業年限

  1. 学科 募集人員 修業年限
    看護学科 40名(男・女) 3年 昼間部
  2. 入学時期

    平成31年4月

  3. 出願資格
    1. 高等学校を卒業した者、及び平成31年3月卒業見込みの者
    2. 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
      (学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者)

卒業後の資格・目標とする主な職業

学科 資格 目標とする主な職業
看護学科
  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師養成所受験資格
  • 助産師養成所受験資格
  • 養護教諭養成課程(1年)受験資格
  • 専門士(大学編入資格)
看護師
  • ただし、編入できる大学、年次については各大学で違います。

学費

学科 年次 入学金 授業料 合計 学友会費
(入会時のみ)
前期 後期
看護学科
(3年制)
【昼間部】
1年次 300,000円 482,000円 482,000円 1,264,000円 40,000円
2年次以降 482,000円 482,000円 964,000円

入学金免除制度
本校在学中の兄弟、姉妹がいる場合に限り入学金は免除いたします。

その他の諸経費
各学年で教科書、教材、靴、白衣代等が別途必要となります。
参考目安(1年次):約170,000円

注意事項
平成31年3月29日(金)までに入学を辞退される場合は納入された学費等納入金のうち、 入学金を除いた学費・諸経費は返還いたしますが、平成31年3月31日(日)以降については、 一旦納入された学費等納入金及び入学金は理由の如何を問わず返還いたしません。

資格取得に際しての欠格事由
保健師助産師看護師法 第九条により次のいずれかに該当する者には免許を与えないことがあります。

欠格事由
  1. 罰金以上の刑に処せられた者
  1. 前号に該当する者を除くほか、業務に関し犯罪又は不正の行為があった者
  1. 心身の障害により業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
  1. 麻薬、大麻又はあへんの中毒者
その他の情報はこちら

↑TOP