学校法人 福山医療学園 厚生労働大臣指定「福山医療専門学校」救急救命学科

資料請求 オープンキャンパス 募集要項

学科の特長

救急救命士とは、厚生労働大臣の許可を受け、医師の指示のもと、救急救命
処置を行うことのできる国家資格で、大変やりがいのある、しかも将来的に
も期待される専門職です。
本校の救急救命学科は、中四国地方では初となるプレホスピタ ルケア( 病院前救護)の最前線で働くスペシャリストの養成校です。
医療従事者の一員として社 会に貢献できる人材育成を目標としています 。
救急救命士の資格を100%発揮できる職場は主に消防職員(救急隊)です。
消防職員を目指し、救急救命士の国家試験と消防職員採用試験のダブル合
格を目標とします。

 

学びのポイント

経験豊富な専門分野の講師陣によって即戦力を養います

救急救命士になるための知識や技術を学び、身につけるための学科です。
救急救命士として医療を学ぶ基礎は解剖生理学です。看護師・助産師・薬理・放射線・検査などの各専門分野の講師による授業で、解剖生理学の知識を学びます。

充実した設備で実践さながらの実習

救急救命士として経験豊富な消防OBの専任教員を配属しています。消防署で使用されているものと同等の高規格救急車や、医療機器などが揃った環境を整えています。あらゆる救急現場を想定したシミュレーション実習を繰り返し行い、現場で必要とされる高度な救急救命処置と的確な判断力・即戦力を養います。

中国四国地区の専門学校で唯一の救急救命学科を開設

徹底的な個別指導・学力試験を行い、国家試験・公務員試験(消防職員採用試験)のダブル合格を目指します。また、同じ資格を大学より1年早く、3年で取得できるのも魅力です。消防職員採用試験対策を1年次より導入し、模擬面接指導、発声練習、社会人マナー、体力試験のためのトレーニングを繰り返し計画的に行います。

 

学びのステップ

3年間の実習の流れ

1年次

基礎実習・施設見学

消防業務および救急救命処置に関わる部署の見学を通じ、病院前救護体制の基本を理解することを目的に施設見学を行います。

(消防署・消防学校・防災航空隊など)

 

2年次

救急車同乗実習・病院実習

医学知識の修得(救急症候・病態生理学など)
実際に救急車に同乗し、消防体験実習を行います。

 

3年次

国家試験対策・公務員試験対策

救急救命士の資格を取得するため、専任教員が試験対策指導を徹底的に行います。また全国の養成校が参加する模擬試験にチャレンジし、個々の分析もしっかりを行い、 国家試験合格さらには公務員試験合格といった『ダブル合格』を目指します。

授業の一例

〈国家試験・公務員試験対策講座〉

救急救命士の資格を100%発揮できる消防職員を目標として、消防職員採用
試験と国家試験のダブル合格を目指します 。定期的に全国一斉の模擬試験を受験し、個々の弱点を克服するため個別指導していきます。

〈学内実習・救急車同乗実習〉

屋内や屋外で発生した急病やケガなどを想定したトレーニングを行います。
実習は、本物と同等の救急車を使用して車内での処置や搬送訓練を行います。まさに本番さながらの訓練を受けることができます。

〈シミュレーション実習〉

さまざまなケースをシミュレーションした実習を行うことで、即時適切な対
応ができる力を身につけていきます 。実際に現場で使用されているものと
同じ救 急車やストレッチャーなどの資器材を使用し 、実 際の現場を想定して訓練します。

〈体力錬成〉

筋力トレーニングやシャトルランで体を鍛え 、どんな 時でも迅 速に行動・対
応できる瞬発力や集中力などを養います。本校の建学の精神でもある「心」「技」「知」を徹底的に身につけます。

〈学生の出身地密着型を目指す〉

消防署実習は、実際の消防業務や救急業務を経験豊富な現役消防官から学びます。また、就職先として地元消防本部をはじめ、全国の採用情報をもとに、地域密着型を目指します。

〈充実した救急器材等〉

募集要項

学科・募集人員・修業年限

  1. 学科 募集人員 修業年限
    救急救命学科 30名(男・女) 3年
  2. 入学時期

    令和3年4月

  3. 出願資格
    1. 高等学校を卒業した者、及び令和3年3月卒業見込みの者
    2. 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
      (学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者)

卒業後の資格・目標とする主な職業

学科 資格 目標とする主な職業
救急救命学科
  • 救急救命士
    国家試験受験資格
  • 専門士(大学編入資格)
救急救命士
消防官
  • ただし、編入できる大学、年次については各大学で違います。
その他の情報はこちら

↑TOP