学校法人 福山医療学園 厚生労働大臣指定「福山医療専門学校」救急救命学科

資料請求 オープンキャンパス 募集要項

学科の特長

救急救命士とは、厚生労働大臣の許可を受け、医師の指示のもと、救急救命処置をおこなうことのできる国家資格で、大変やりがいのある、しかも将来的にも期待される専門職です。

中四国地方では初となるプレホスピタルケア(病院前救護)の最前線で働くスペシャリストを育成するのが福山医療専門学校の救急救命学科です。
当学科は、医療従事者の一員として社会に貢献できる人材育成を目標としています。

学びのポイント

経験豊富な専門分野の講師陣によって即戦力を養います

救急救命学科は、救急救命士になるための知識や技術を学び、身につけるための学科。
救急救命士として医療を学ぶ基礎は解剖生理学です。
看護師・助産師・薬理・放射線・検査などの各専門分野の講師による授業で、解剖生理学の知識を学びます。

充実した設備で実践さながらの実習

救急救命士として経験豊富な消防OBの教員を3名配属。消防署で使用されているものと同等の高規格救急車や、医療機器などが揃った環境を設備しています。あらゆる救急現場を想定したシミュレーション実習を繰り返し行い、現場で必要とされる高度な救急救命処置と的確な判断力・即戦力を養います。

 

学びのステップ

3年間の実習の流れ

1年次

基礎実習・施設見学

消防業務および救急救命処置に関わる部署の見学を通じ、病院前救護体制の基本を理解することを目的に施設見学を行います。

(消防署・消防学校・防災航空隊など)

 

2年次

救急車同乗実習・病院実習

医学知識の修得(救急症候・病態生理学など)
実際に救急車に同乗し、消防体験実習を行います。

 

3年次

国家試験対策・公務員試験対策

救急救命士の資格を取得するため、専任教員が試験対策指導を徹底的に行います。
また全国の養成校が参加する模擬試験にチャレンジし、個々の分析もしっかりを行い、 国家試験合格さらには公務員試験合格といった『ダブル合格』を目指します。

授業の一例

〈国家試験・公務員試験(消防官採用試験)対策〉

救急救命士の資格合格率100%を最大の目標として、学生の学習状況や苦手科目を把握した上で、専任教員が試験対策指導を徹底的に行っていきます。
また、全国の養成校が一斉に参加する模擬試験を受験し、結果を分析して、一人ひとりの実力を把握した上で、弱点分野を繰り返し補強していきます。カリキュラムに関しても、将来、消防士として就職も目指せるように体力訓練や作文、面接指導と充実しています。

〈学内実習・救急車同乗実習〉

屋内や屋外で発生した急病やケガなどを想定したトレーニングを行います。
実習は、本物と同等の救急車を使用して車内での処置や搬送訓練を行います。まさに本番さながらの訓練を受けることができます。

〈医学的コミュニケーション能力の修得〉

救急救命の現場では、高齢者から外国人までさまざまな傷病者に対応した処置が求められます。
本校では、高度な救急救命の知識・技術を軸に、幅広い医学的コミュニケーション能力の修得を目指します。

〈経験豊富な専任教員〉

本校には消防署での隊長経験者や救急医療現場で豊富な経験を持った専任教員が揃っています。
基礎医学、救急医学知識はもちろん、医療機器の使用方法まで徹底的に指導します。

〈学生の出身地密着型を目指す〉

消防署実習は、なるべく学生の出身地で実践できるようにサポートを行います。
実際の消防業務や救急業務を経験豊富な現役消防官から学びます。
また、就職先として地元消防本部をはじめ、全国の採用情報を基に、地域密着型を目指します。

〈臨床実習(医療現場との提携)〉

救命救急センターをはじめとする救急病院で臨床実習を行い、「医療スタッフとの連携」「特定行為を含む医療技術・知識の向上」「救急隊による処置と医師との連携」そして「命の尊さ」を学びます。

〈充実した救急器材等〉

募集要項

学科・募集人員・修業年限

  1. 学科 募集人員 修業年限
    救急救命学科 30名(男・女) 3年 昼間部
  2. 入学時期

    平成31年4月

  3. 出願資格
    1. 高等学校を卒業した者、及び平成31年3月卒業見込みの者
    2. 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
      (学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者)

卒業後の資格・目標とする主な職業

学科 資格 目標とする主な職業
救急救命学科
  • 救急救命士
    国家試験受験資格
  • 専門士(大学編入資格)
救急救命士
消防官
  • ただし、編入できる大学、年次については各大学で違います。

学費

学科 年次 入学金 授業料 合計 学友会費
(入会時のみ)
前期 後期
救急救命学科
(3年制)
【昼間部】
1年次 300,000円 589,000円 589,000円 1,478,000円 35,000円
2年次以降 589,000円 589,000円 1,178,000円

入学金免除制度
本校在学中の兄弟、姉妹がいる場合に限り入学金は免除いたします。

その他の諸経費
各学年で教科書、教材、靴、トレーニングウェア代等が別途必要となります。
前年度実績(1年次):約90,000円
学友会費として、1 年次に35,000 円が別途必要となります。

注意事項
平成31年3月29日(金)までに入学を辞退される場合は納入された学費等納入金のうち、 入学金を除いた学費・諸経費は返還いたしますが、平成31年3月31日(日)以降については、 一旦納入された学費等納入金及び入学金は理由の如何を問わず返還いたしません。

資格取得に際しての欠格事由
救急救命士法 第四条により次のいずれかに該当する者には免許を与えないことがあります。

欠格事由
  1. 罰金以上の刑に処せられた者
  1. 前号に該当する者を除くほか、業務に関し犯罪又は不正の行為があった者
  1. 心身の障害により業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
  1. 麻薬、大麻又はあへんの中毒者
その他の情報はこちら

↑TOP