学校法人 福山医療学園 厚生労働大臣指定「福山医療専門学校」作業療法学科

資料請求 オープンキャンパス 募集要項

学科の特長

その人らしく生きがいをもって生活できるように、作業療法士は、身体や精神に障がいのある方、またはそれが予測される人に対し、作業活動を通して日常生活に必要な能力の回復をサポートする仕事です。
子どもなら就学に向けて、主婦(夫)なら家事が出来るように、お勤めの人なら仕事復帰が出来るように、心とからだの両面から治療方法や指導を行っていきます。
そのため、身体障がいだけではなく、うつ病や認知症の方なども対象になります。 本校では基礎分野、専門基礎分野、専門分野と段階を追って学習を深め、患者さま一人ひとりの障がいの程度や、社会復帰に向けて幅広い知識と技術を修得します。
作業療法士としての活躍の場は、医療施設、介護施設、在宅、福祉、教育など、多岐にわたります。

学びのポイント

人との競争ではなく、互いに教え合い、学ぶことによって協調性を養い、一人ひとりが人間的に成長できる4年間となる。

1年次に医学および作業療法の基礎を学修することで、学ぶことの厳しさを体験する。2年次以降に、より専門的な学修をすることで、学べる喜びと探求心を養い、充実感を得ることができる。

4年間の知識と技術の習得が、信頼される社会人・職業人としての基礎を身につける場となる。

実習が豊富であり、講義と演習を同時に学ぶことにより、質の高い実践力を身につけることができる。

幅広い障がい領域の作業療法を学ぶことで、適応力を身につけることができる。

 

学びのステップ

4年間の実習の流れ

1年次

臨床体験実習 I

夏休み期間を利用し、病院や施設で3日間の実習を行います。 現場でのリハビリテーション及び介護の役割と機能の実際を体験することで、社会人としての基本的心構えを身につけ、コミュニケーション能力を高めると共に、他職種との連携を把握します。

 

2年次

臨床体験実習 II

3年次の臨床評価実習を円滑に出来るよう、春休み期間に5日間の実習を行います。作業療法士が行う分野の業務を理解し、チーム医療の重要性を考える力を身につけます。患者さまに対する検査・測定の一部を行える力を身につけます。

解剖実習

岡山大学医学部にご協力の下、実習を行います。人体の構造を知る機会であり、ヒトの「個」を知り、医療人としての使命を知る実習です。さらなる学修への動機づけとして貴重な経験となります。

 

3年次

臨床評価実習

夏休み期間を利用し、病院や施設で3週間の実習を行います。 学内で学習した知識、技術を応用し、患者さまに対する検査・測定を行い、問題点を抽出し、それに対応した治療プログラムを立案できる力を身につけます。

 

4年次

総合臨床実習

病院で8週間の実習を2回行います。
病気や障がいのある方々と関わり、治療計画の立案、治療方法の実施等の一貫した治療行為及び情報収集の技法等を修得します。またチームワーキング、セラピストとしての役割、責任感を体験すると共に今後の進路や研究課題等を検討する機会となります。

※平成30年度からの病院実習は、8週間になりました。

授業の一例

〈基礎作業療法学〉

陶芸・革細工・籐細工・タイルモザイク・七宝焼き・マクラメなどの作業活動を実際に体験します。
作品を仕上げる達成感を味わい、作業分析をおこなうことで、治療につなげていきます。

〈発達障害作業療法〉

身体や心理面に問題を抱えた子ども達を理解するための評価方法や治療方法について学修します。
乳幼児から障がいを抱えて成人になった方までと対象が幅広いため、障がいの特徴に応じた専門的アプローチの方法を学ぶことが重要になってきます。

〈内部障害作業療法〉

運動療法や薬物療法・食事療法・患者教育・日常生活の指導などを行うことで、心臓や呼吸、腎臓などの働きが悪くなり、活動的な生活が営めなくなった患者さまに、もとの日常生活が送れるよう支援していきます。

〈運動器障害作業療法〉

運動の能力や身体の機能を、作業療法活動を通じて早期に回復し、
日常生活の質を向上させます。
骨や筋肉、靭帯などのけがや、特に「手の外科治療」で重要な役割を果たします。

〈脳血管障害作業療法〉

脳血管の障がいにより、手足の麻痺や言葉の障がいなどの後遺症がでます。
脳の血管、脳の循環の特徴について学び、この障がいがどのように日常生活に影響を与えるかを講義やグループワークなどで学修していきます。

〈障がい者スポーツ〉

現在では、多くの障がい者スポーツがあります。
授業では5種目の障がい者スポーツ実技を行い、仕組みや制度、ケアなどを学修します。受講後は申請をすることによって、「障がい者スポーツ指導員初級」の資格を取得できます。

〈地域作業療法学〉

支援を必要とする患者さまとの関わりを通じて、生活や行動様式について学修していきます。
また、患者さまの主体性を引きだすことを目的とし、レクリエーションを計画・実施していきます。

〈臨床実習前教育学〉

病院や施設内での診療を想定し、学内において実践的な技術を身につけます。
学生相互の実習(ロールプレイ)や模擬患者などを用いて、医療職としてのふさわしい態度と作業療法の基本的な知識・技術を身につけます。

〈日常生活活動学〉

人間の基本的な日常生活を理解することで、障がいに伴うさまざまな問題を分析、それぞれの問題解決方法を考えます。
そして、適切な誘導方法・指導方法・代償手段を学びます。

〈精神障害作業療法Ⅰ・Ⅱ〉

精神疾患を抱えた患者さまを理解するための評価と手段について学修します。
精神疾患の病気の成り立ちや、行動の特徴を踏まえて、どんな治療方法が必要か、地域で生活するためにはどんな支援が必要かを学びます。

募集要項

学科・募集人員・修業年限

  1. 学科 募集人員 修業年限
    作業療法学科 40名(男・女) 4年 昼間部
  2. 入学時期

    平成31年4月

  3. 出願資格
    1. 高等学校を卒業した者、及び平成31年3月卒業見込みの者
    2. 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
      (学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者)

卒業後の資格・目標とする主な職業

学科 資格 目標とする主な職業
作業療法学科
  • 作業療法士
    国家試験受験資格
  • 高度専門士
    (大学院受験資格)
作業療法士
  • ただし、編入できる大学、年次については各大学で違います。

学費

学科 年次 入学金 授業料 合計 学友会費
(入会時のみ)
前期 後期
作業療法学科
(4年制)
【昼間部】
1年次 300,000円 640,000円 640,000円 1,580,000円 50,000円
2年次以降 640,000円 640,000円 1,280,000円

入学金免除制度
本校在学中の兄弟、姉妹がいる場合に限り入学金は免除いたします。

その他の諸経費
各学年で教科書、教材、白衣、靴代等が別途必要となります。
前年度実績(1年次):約100,000円
学友会費として、1 年次に50,000 円が別途必要となります。

注意事項
平成31年3月29日(金)までに入学を辞退される場合は、納入された学費等納入金のうち、 入学金を除いた学費・諸経費は返還いたしますが、平成31年3月31日(日)以降については、 一旦納入された学費等納入金及び入学金は理由の如何を問わず返還いたしません。

資格取得に際しての欠格事由
作業療法士法 第四条により次のいずれかに該当する者には免許を与えないことがあります。

欠格事由
  1. 罰金以上の刑に処せられた者
  1. 前号に該当する者を除くほか、業務に関し犯罪又は不正の行為があった者
  1. 心身の障害により業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
  1. 麻薬、大麻又はあへんの中毒者
その他の情報はこちら

↑TOP